DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

Sign up for our News Letter.

 

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

全国労働関係委員会(the National Labor Relations Board;略してNLRB)は、雇用主に通知掲載を義務付ける新しい規定「Employee Rights Under the National Labor Relations Act」について最終化し、彼らのウェブサイトwww.nlrb.govからダウンロードすることが可能となった。ウェブサイト上、また、通知の内容・掲載場所・ルールの対象となる雇用主についてや、どのようにルールが施行させるかのようなトピックの一連のよくある質問が含まれているメモを参照することが出来る。

通常、大半の雇用主が新しい通知の掲載義務の対象となり、通知は他の政府関連ポスターが掲載されている掲示板に2011年11月14日までに掲載されなければいけない。新しい通知は幾つかの個人業者からも購入可能だが、NLRBのウェブサイトから無料でポスターをダウンロードし印刷することでも雇用主は新しい規定に追従しているということになる。

更に、労働法のポスターが最新版かどうかを確認する良いタイミングであると言える。稀ではあるが、州或いは連邦役員が御社に事前の通知なしに労働法のポスター掲載の監査のために入り込むこともあり得る。また、労働法のポスターの不所持は、容易に罰金を課金され得る結果となる。

弊社では我々の顧客に対して定期的に労働法のポスターをレビューしアップデートするようアドバイスしている。雇用主は個人業者からポスターを購入するか、或いは無料のポスターをウェブサイトからダウンロード・印刷して掲載するかのいずれかを選択することができる。総合的に言えば、年に一度或いは少なくとも一年おきにポスターを購入してしまうのが時間の節約にはなるが、雇用主は各ポスターを最新の状態に保っておく必要がある。多くの雇用主が近年直面している問題は、一年を通して継続的に、最新のポスターを購入し掲載義務に従わなければ大変なことになるという、雇用主を怖がらせる「公式のように見える」レターを受け取ることである。このような業者から雇用主が購入する際は、購入するものについて注意深く確認しなければ職場ごとに何百ドルもの費用がかかってしまうことになる。ポスター販売個人業者は、殆どの企業がこの種のレターを受け取れば、最新のポスターを購入すればその後は心配無用と信じ容易にチェックを切るであろう、と考えているのではないかと弊社は推測する。しかし、新しいポスターが発表される度に新しいポスターを購入する代わりに、雇用主は古いポスターの近くにウェブサイト上からダウンロードし印刷した最新版のポスターを掲載することで雇用主の義務は果たしていることになる。09-21-2011. HRM Partners.

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ

この記事は英語版のみです。 日本語でのご説明をご希望の場合には、直接弊社までお問い合わせください。お問い合わせ