DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

Sign up for our News Letter.

 

セクシャルハラスメント防止トレーニングは必ず行わなければなりませんか。

June 29, 2011

全米50州において、セクシャルハラスメント防止トレーニングは、雇用主にとって非常に有効な慣習であると考えられています。実際、米国最高裁判所では、ハラスメントに対する会社の責任を軽減するには、①従業員とスーパーバイザーをトレーニングし、②従業員にハラスメント被害を通告することを義務付け、③通告のあったすべてのハラスメントを包括的に調査し、必要に応じて矯正手段を投じることが、大切であるとしています。しかしながら、特定の州を除き、セクシャルハラスメント防止トレーニングは義務付けられておらず、奨励のみに留まっているのが現状です。
現在、雇用主がスーパーバイザー及び/または従業員に定期的にセクシャルハラスメント防止トレーニングを行うことを義務付けているのは、カリフォルニア州、コネチカット州、メイン州のみとなっています。トレーニングにはセクシャルハラスメント防止及び懲戒手順、そして連邦と州のハラスメントに関する法律とガイドラインを含まれなければなりません。これらの州では、知識のある経験豊富な講師が、スーパーバイザーはどうすればハラスメント、差別、報復行為を防ぐことができるのか、具体的な例を用いながらトレーニングを行うことが義務付けられています。

Upcoming Seminars

November 2019
M T W T F S S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
December 2019
M T W T F S S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC