DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

Sign up for our News Letter.

 

当社の出勤率が非常に悪く、自分の予定されたシフトの開始時刻に間に合わない従業員がたくさんいます。段階的懲戒法を用いて是正を試みていますが改善されません。もしこの段階的懲戒法に従うと、解雇しなければならない従業員が数名出てきます。どうすればよいでしょうか。

July 14, 2011

段階的懲戒法は運用するのが非常に難しく、特に、マネジメントには解雇を含む懲罰的な方法をとる意思がない、あるいは能力がないと従業員が感じている場合には困難になります。まず、マネジメントは問題の根源-この場合は欠勤率―をしっかり把握すべきです。明確なコミュニケーションをとる、公平で偏見のない適切な懲罰を与える、慢性的な欠勤を容認するスーパーバイザーを再教育することが非常に重要なポイントになります。出席率の良い従業員に報酬を与えたり、長期にわたり怠惰な従業員には昇給を見送ったり、ノンエグゼンプト従業員の賃金を差し引いたり、能力のないマネージャーを交代させたり、といったステップを踏み、それでも欠勤率に向上が見られない場合は、最終手段として解雇処置をとることになります。従業員の遅刻、欠勤を容認し続けるスーパーバイザーを解雇することはその部下達に対して効果的なメッセージを与えることができます。

Upcoming Seminars

November 2019
M T W T F S S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
December 2019
M T W T F S S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC