DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

COBRA通知を渡さなかった場合どのようなペナルティーがあるのですか。

August 5, 2011

1986年に制定された連結オムニバス予算調整法(COBRA 法)により、COBRA通知の義務を怠るなどこの法に反した場合は民事訴訟や税金のペナルティーが科せられます。

このペナルティーは以下の行為を怠った場合に当てはまります。

(a)グループ健康保険に加入できる資格が発生した際に雇用主或いはプラン管理者がCOBRA rights 通知を提供して、従業員あるいはグループ健康保険加入者がその対象ではなくなった際も、グループ健康保険を継続する権利があることを通知すること

(b) 雇用主は認定されるできごと(qualifying events) が生じた場合プラン管理者に通知すること

(c) 雇用主或いはプラン管理者は「COBRA election rights」通知とその他の必要な通知を資格ある受益者に提供すること

(d)雇用主あるいはプラン管理者は 資格ある個人に必要な通知を送ること

労働局及び資格ある受益者はCOBRA通知を受け取らなかったとし、雇用主を訴えることができます。雇用主はCOBRA通知を受け取らなかった従業員、配偶者、子女それぞれに対して1日で110ドルまでの罰金が科せられます。

さらに、内国歳入庁(IRS)は雇用主に対して非免責の税 として通知を怠った人数に対し1日につき100ドルを科す事が出来ます。税金のペナルティーは1家族につき最大で200ドルとなっています。雇用主の税金の支払額は最大で500,000ドルまたは前年度のグループ保険の費用の10%までに限られています。

Upcoming Seminars

August 2020
M T W T F S S
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
September 2020
M T W T F S S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930EC