DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

<!–:en–>CALIFORNIA PASSES LAW BANNING GENETIC DISCRIMINATION<!–:–><!–:ja–>遺伝子差別を禁止する法律を可決したカリフォルニア州<!–:–>

September 14, 2011

個人の遺伝子情報を基にしたカリフォルニア州での差別は、9月6日にJerry Brown知事により署名された法案( S.B. 559)の下、住宅・雇用・教育・公共施設・健康および生命保険適用範囲・抵当貸付および選挙において禁止されている。

Sen. Alex Padilla上院議員により提出された議案は、2012年1月1日に有効になる。これは2008年に規定化された連邦のGenetic Information Discrimination Act(遺伝子情報差別法)よりも適応範囲が広がることになる。連邦法は、遺伝情報を基に雇用および健康保険適用範囲における差別を禁止している。

Padilla氏は「この新しい法律は全てのカリフォルニア州民の市民権を増強する。今から10年が経過するころにはより多くのカリフォルニア州民が遺伝子情報を手に入れることになり、過去を振り返り差別から彼らを保護するこの法案を通過させたBrown知事に感謝することになるであろう。」と述べた。

この新しい法律は、女性議員のToni Atkins氏により提出された他の反差別法案(A.B. 887) に加わることになる。両法案が法律となるには知事によって署名される必要がある。州の市民権および差別法の下での性別の定義が明らかにされ、住居・教育および雇用においてgender identity(性的自己同一性;男性または女性としての自己認識)および性別表現を基にした差別を禁止することになる。9月2日に議会からの最終承認を勝ち取っており、知事は10月10日まで法案に署名をするか拒否するかの時間が与えられている。09-13-2011. Bureau of National Affairs.