DVD『日本人マネージャー必須DVD - セクハラ基礎知識:アメリカ版』一部抜粋

ウェビナー『人事管理の最新事情』一部抜粋

Online Seminar

Sign up for our News Letter.

 
Многие эксперты до сих пор рекомендуют брать именно кредиты в классических банках. Эта рекомендация выглядит достаточно странно, так как уже несколько лет не территории России действуют микрофинансовые организации, которые выдают займы, что гораздо удобнее обычного кредита. Займы онлайн выдаются без залога и справок с работы, оформление происходит в основном онлайн, а деньги поступают заёмщику на карту в течение дня.

ミスクラシィフィケーション問題に対する完全保護にはならないINDEPENDENT CONTRACTOR AGREEMENT

March 28, 2011

最近のカリフォルニア州控訴裁判所での訴訟 (Narayana v. EGL, Inc., 9th Cir., 2010) の結果は、「independent contractor agreements(業務委託契約のための契約書)ならびに同契約書を交わすことは、カリフォルニア州労働規約の目的上、労働者が従業員ではないことを証明する手立てとはならない。」との在カリフォルニア州雇用主にとっては非常に厳しいメッセージとなった。

Narayana v. EGL, Inc.の訴訟によると、 雇用主のEGL社はカリフォルニア州でのオペレーションの為に荷物のピックアップ・配達サービスを提供する労働者3名を用いたが、労働者たちはEGL社の従業員ではなくEGL社 とはベンダー関係にあるという事を認めるindependent contractor agreementsに署名した。

independent contractor agreements(業務委託契約書)に署名したにもかかわらず、その労働者たちはカリフォルニア州裁判所にて、EGL社は彼らおよびその他の運転手たちを委託契約者として誤って用い、残業代・非番ミール時間・正確な賃金明細書やペイロールの記録と返済経費を含むカリフォルニア州の労働規約にある従業員の保護されるべき項目への支払いを怠ったと言うことを主張し訴えた。更に、労働者たちはEGL社は賃金からの違法な控除や待機時間に責任があり、また州のunfair competition law(不当競合法)にも違反したとして申し立てた。

この訴訟は「労働者たちは委託契約者である」と謳う契約書を基に裁決が為された連邦管轄裁判所にて初めは主張され、その際は却下されたが、次いで第9巡回裁判所(Ninth circuit court)へと上訴され、連邦管轄裁判所での裁決が覆された。

第9巡回裁判所は労働者たちを委託契約者として分類(明示)する契約書の存在は、カリフォルニア州での雇用のための複数要因テスト(California’s multi-factor test for employment)の下では決定的要因とはならないと裁決した。更に裁判所は下記を含む雇用関係を暗示する幾つかの要因を見つけ出した:

契約書は自動更新の条項、30日前の通知を以って雇用主或いは委託契約者のいずれかにより契約解除が出来る、或いは契約違反を理由に契約解除が可能という条項を含むものであった。
労働者の提供する配達サービスは必須な定例業務の一部であった。
雇用主は割り当てられた仕事や荷物を受け取る際の業務の行い方・顧客からの苦情への対応の仕方や損害のあった積荷の処理方法などを労働者に指図した。
労働者たちは雇用主から提供されたフォームを使用し、また社内回状を受け取ったり、社内規程についてのミーティングへも参加した。
労働者たちは休暇について雇用主へ事前に通知の提出をしなければいけなかった。
労働者たちには雇用主の会社名の入ったユニフォームの着用を義務付けられ、一般従業員と同じように会社のIDカードが提供された。
労働者たちは専ら雇用主のためにのみ運転業務を遂行した。
雇用主から労働者たちに提供された業務は、高度なスキルや特別な免許、或いは運転能力以上のスキルを必要としないものであった。
この事例からも分かるように、委託契約者を雇用するカリフォルニア州の雇用主は雇用主と委託契約者間の関係を注意深く再考するべきであるが、考慮するべき点としては以下が挙げられる:

委託契約者の業務の指揮・監督の範囲;
関係の永続性の度合い;
雇用主と委託契約者のどちら側がオフィススペース・ビジネスカード・マーケティング資料・道具や機材を提供するのか;
雇用主からトレーニングを提供されるかどうか;
人事考課や懲戒は受けるのかどうか;
委託契約者が社内の一般従業員の業務とは異なった職業・ビジネスに従事しているかどうか;
業務に対して相当のスキルが要されるかどうか;
プロジェクト単位のように一回の仕事ベースに対して報酬が支払われるのか、それとも時間に対して報酬を得るのか

Upcoming Seminars

January 2020
M T W T F S S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
February 2020
M T W T F S S
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829